強い日差しの中、日傘を差して歩く人たち=23日午後、東京・銀座 [全文]


おすすめ

弥生の青銅製環状分銅か、滋賀 下鈎遺跡、国内初

 弥生時代の環濠集落として知られる下鈎遺跡(滋賀県栗東市)で、20年前に出土した弥生時代後期後半(2世紀後半)のリング状の青銅品1点が、てんびんばかりに用いる分銅「環権」である可能性が高いことが分かり [全文]

暮らし情報最新ニュース

画像 画像