漆崎(山陰合銀) バドミントン国際大会 初V

漆崎 真子
 バドミントンの国際大会「スウェーデンオープン2019」最終日は20日、スウェーデンのルンドで各種目決勝があり、女子シングルスで漆崎真子(山陰合同銀行)が、世界ランキング84位で第4シードの高橋明日香(ヨネックス)を23-21、21-19のストレートで下し、初優勝を果たした。漆崎の国際大会優勝は初めて。

 女子シングルスには32人が出場。世界155位の漆崎は2回戦で、世界91位で第3シードのオランダ選手を2-0で撃破。準決勝は予選から勝ち上がった世界276位の水井ひらり(ふたば未来学園)に2-1で競り勝ち、決勝に進んだ。

 大会は、五輪、世界選手権などを頂点とする三つのグレードのうち3番目で、その中で2番目に位置付けられる。18日から本戦が行われた。

2019年1月22日 無断転載禁止