スサマジ4連勝 FE名古屋に競り勝つ Bリーグ2部

【第34戦・島根-FE名古屋】第3クオーター3分53秒、島根のエチェニケ(左)がシュートを決め、43-39とする=松江市総合体育館
 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)西地区3位の島根スサノオマジックは25日、ホームの松江市総合体育館で第34戦を行い、中地区2位のFイーグルス名古屋を73-70で下した。4連勝で通算24勝10敗。西地区首位の熊本、2位広島は試合がなかった。

 島根は第1クオーターでリードを奪いながら、第3クオーターを終えて同点となった。第4クオーターに勝負どころで相馬がシュートを決め、競り合いをものにした。

 第35戦は26日午後2時、同体育館でFE名古屋と対戦する。

 ◇第34戦(25日・松江市総合体育館、1681人)
島  根 73 24-15 70 FE名古屋
24勝10敗  12-20    22勝12敗
        19-20
        18-15

 島根 接戦制す

 【評】島根は速い攻守の切り替えから得点し、接戦を制した。

 第1クオーターは相馬の11得点などで24-15とリード。第2クオーターは4本の3点シュートを決められ、1点差に詰められた。

 後半は一進一退の攻防。厳しく守ってボールを奪い、速攻に転じると、アレンがゴール下に切り込んでファウルを誘い、フリースローで得点を重ねた。第4クオーター終盤まで激しい競り合いが続き、残り2分を切ってから相馬とアレンのシュートが連続で決まり、振り切った。

2019年1月26日 無断転載禁止