瑞風 ゆかりの地PR 大田・温泉津温泉街に紹介スペース

「瑞風」に関連する多数の展示物を見る女性
 島根県大田市温泉津町温泉津の温泉津温泉街の旅館跡に、JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の写真や地元での歓迎活動の様子を紹介するスペースがこのほど、お目見えした。地元のJR山陰線温泉津駅で瑞風が5分間、列車行き違いのため停車する際、住民が手振りなどを続けているのにちなみ、温泉街の共同浴場の経営者が発案。温泉入浴客や旅館宿泊客に、瑞風ゆかりの地としてPRする。

 スペース内には、2017年6月の瑞風の運行開始当初から温泉津駅で住民が続ける乗客、乗務員への手振りの様子などを収めた写真約70枚や、歓迎活動で実際に使用している小旗、瑞風を大写しした写真パネルなどを展示。歓迎への謝意を伝えようと、19年1月末に温泉津を訪れた瑞風の乗務員たちが感謝の言葉をつづった寄せ書きの色紙も飾っている。

 共同浴場「薬師湯」の内藤陽子代表が、向かいに立つ旅館跡地の1階部分を活用して整備した。年中無休、無料で入場できる。施錠する深夜~早朝にも展示スペース内の照明は点灯し、内側の様子をのぞけるようにした。観光客などの関心を高めると同時に、温泉街のにぎわいづくりの一助とする。

 開設後は早速、鉄道ファンなどが熱心に見学しているといい、展示物も少しずつ増やす計画。内藤代表は「瑞風と温泉津の関わりを紹介することで、地域の魅力アップにつなげたい。訪れた方々の滞在時間の延長にもなればいい」と話した。

2019年2月7日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ