国民と自由、政策協議開始 合流視野に4月合意狙う

 政策協議に臨む国民民主党の平野幹事長(右)と自由党の小沢共同代表=12日午後、国会

 国民民主党の平野博文幹事長と自由党の小沢一郎共同代表は12日、国会内で会談し、両党の合流を視野に入れた政策協議を始めた。両氏は昨年の国民結党時にまとめた理念や基本政策をベースに協議する方針を確認した。4月までに政策の統一見解で合意したい考えだ。原発政策で歩み寄れるかが焦点となる。

 平野氏によると、この日は個別政策の話はせず、丁寧に進めていきたいと伝えたという。週内に再会談するなど、急ピッチで交渉を続行する。

 会談後、小沢氏は記者会見で政策協議に関し「ほとんど違いはない。表現やアプローチの仕方が異なるので、その調整だ」と説明した。

共同通信社 2019年2月12日 無断転載禁止