母にDV疑いで父追送検、千葉 野田市の小4虐待死

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん(10)が1月24日に自宅浴室で死亡した虐待事件で、母なぎさ被告(32)=傷害ほう助罪で起訴=に暴力を振るったとして、県警は28日までに、暴行容疑で父勇一郎容疑者(41)=傷害致死罪などで起訴=を追送検した。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、県警は、一家が沖縄県糸満市に暮らしていた2017年7月、なぎさ被告の親族から同市にドメスティックバイオレンス(DV)の情報が寄せられていたことなどから、家庭の状況を調べていた。

 追送検容疑は今年1月上旬ごろ、自宅でなぎさ被告に暴行をした疑い。

共同通信社 2019年3月29日 無断転載禁止