プロ野球が開幕 広島、ソフトバンクが白星

 11回、サヨナラ打を放ったデスパイネ(手前)に駆け寄る千賀(中央)らソフトバンクナイン=ヤフオクドーム 開幕戦で巨人に勝利し、喜ぶ広島ナイン=マツダ 西武戦に先発したソフトバンク・千賀=ヤフオクドーム

 プロ野球は29日、セ、パ両リーグが開幕した。セ・リーグは球団史上初のリーグ4連覇を狙う広島が広島市のマツダスタジアムで巨人に5―0で快勝した。

 パ・リーグは3年連続の日本一を目指すソフトバンクが昨季リーグ王者の西武と福岡市のヤフオクドームで対戦し、延長十一回、5―4でサヨナラ勝ちした。ドラフト1位新人の甲斐野央投手(22)が6番手で登板して2回無失点でプロ初勝利を挙げた。

 ロッテの藤原恭大外野手(18)は楽天戦に「1番・中堅」で先発し、高校出の新人では2013年の日本ハム時代の大谷翔平(エンゼルス)以来の開幕戦先発出場を果たした。

共同通信社 2019年3月29日 無断転載禁止