道府県議選、無投票当選が26% 比率は過去最高、3千人超出馬

 道府県議選 党派別立候補者数

 第19回統一地方選の41道府県議選と17政令市議選は29日午後5時、立候補の届け出が締め切られた。道府県議選には総定数2277に計3062人が届け出て、このうち計612人の無投票当選が決まった。総定数に占める無投票当選の比率は過去最高の26・9%となった。女性候補は389人で、割合は12・7%と過去最高を更新した。

 無投票当選率は、前回2015年の21・9%がこれまでの最高。今回は立候補者数が過去最少で、競争率1・34倍は過去最低。深刻化する地方議員のなり手不足を象徴する格好となった。

 女性候補の比率は前回の11・6%と比べ、大幅な上昇とはならなかった。

共同通信社 2019年3月29日 無断転載禁止