英、合意なき離脱の恐れ強まる 下院、協定を三たび否決

 屋外のスクリーンに映し出されたメイ首相=29日、ロンドン(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】英下院が29日、欧州連合(EU)離脱合意案の主要部分である離脱協定を否決したことを受け、メイ首相は演説で「努力を続ける」と述べ、自身がEUとまとめた合意案が最善との姿勢を改めて強調した。だが、協定の否決は3度目となり、混迷は一層拡大。英政府は4月12日までに新たな方針をEU側に示す必要に迫られるが、有力な代替策はなく「合意なき離脱」の恐れが強まっている。

 トゥスクEU大統領は29日、今後の方針を協議するため4月10日に首脳会議を臨時招集すると表明した。

共同通信社 2019年3月30日 無断転載禁止