3月短観、景況感2期ぶり悪化 大企業製造業、景気鈍化が鮮明に

 日本銀行本店=東京都中央区

 日銀が1日発表した3月の企業短期経済観測調査(短観)は、大企業製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)が前回の2018年12月調査から7ポイント下落のプラス12だった。悪化は2四半期ぶり。DIは、横ばいとなった前回調査を挟み18年3月から下落傾向にあり、一段と景気鈍化が色濃くなった。

 中国経済の減速などにより、国内の輸出や生産が落ち込んだことが打撃となった。米中貿易摩擦や、これから本格化する日米貿易協議の行方は不透明で、企業は警戒感を強めており、3カ月後を示す先行きは4ポイント下落のプラス8を見込んだ。

共同通信社 2019年4月1日 無断転載禁止