「令和」5月幕開け 新元号周知へ作業加速

 平成に代わる新元号が「令和」に決まり、記者会見で談話を発表する安倍首相=1日午後0時17分、首相官邸 新元号「令和」を発表する菅官房長官=1日午前11時42分、首相官邸 ガラスに映った、東京・銀座の「和光」に展示された新元号「令和」の書を見る人たち=1日午後0時57分

 政府は1日、平成に代わる新元号を「令和」と決めた。5月1日の皇太子さまの即位とともに新しい時代が幕を開ける。政府は新元号施行に向け、国民への周知作業を加速。情報システムの改修も急ぎ、改元に伴うトラブルの防止に万全を期す。皇位継承前の公表となったため、改元政令には4月30日に退位される天皇陛下が署名、即日公布された。政府は「令和」の考案者を公表せず、安倍晋三首相は決定過程に関する公文書を30年間は非公開とする方針を表明した。

 首相は1日夕のテレビ朝日番組で、新元号決定について「大変ほっとした。元号を決める作業は責任が重いから、非常に緊張した」と述べた。

共同通信社 2019年4月2日 無断転載禁止