働き方改革始動、各地で入社式 抱負胸に「果敢に挑戦」

 入社式で、新入社員に挑戦を呼び掛ける三菱重工業の泉沢清次社長=1日、東京都港区

 新年度が始まった1日、全国の企業や官公庁で入社式や入庁式が開かれた。政府が「70年ぶりの大改革」と位置付ける働き方改革関連法のうち、罰則付きの残業時間の上限規制が同日、スタート。長時間労働是正に向け、日本の労働は大きな転換期を迎えた。新社会人からは「新しい時代に、果敢に挑戦していきたい」との抱負も聞かれた。

 働き方改革関連法を所管する厚生労働省では、根本匠厚労相が新職員約180人を前に「日本の社会保障と働き方を引っ張っていく存在でありたい」と呼び掛けた。

 東京電力ホールディングスの小早川智明社長は「福島への責任を果たすことが使命」と語った。

共同通信社 2019年4月1日 無断転載禁止