NY株続伸、半年ぶり高値 減速懸念和らぎ329ドル高

 ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=1日(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】週明け1日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3営業日続伸し、前週末比329・74ドル高の2万6258・42ドルで取引を終えた。昨年10月以来、半年ぶりの高値水準。米中の良好な経済指標を受け、世界経済の減速懸念が和らいだ。

 中国の景況感の改善に加え、米サプライ管理協会(ISM)が1日に発表した3月の製造業景況指数が市場予想を上回ったことが好感された。ハイテク株主体のナスダック総合指数も99・59ポイント高の7828・91と3営業日続伸した。

共同通信社 2019年4月2日 無断転載禁止