長嶋茂雄氏「球場はいいね」 入院後初めての公の場

 本拠地開幕戦を観戦に訪れ、観客の声援に応えるプロ野球巨人の長嶋茂雄元監督=2日、東京ドーム

 プロ野球巨人の長嶋茂雄元監督(83)が2日、東京ドームで行われた巨人―阪神1回戦を二回途中まで観戦し、胆石の治療のため昨年7月に入院して以来初めて公の場に姿を現した。試合開始直前にバックネット裏上部にあるバルコニー席から観客に向けて笑顔で左手を振った。

 大型ビジョンにも元気な姿が大きく映し出され、ファンからは大歓声が起きた。長嶋元監督は球団を通じ「やっぱり球場はいいね。わくわくするよ。みんな喜んでくれて、手を振ってくれてね」とコメントした。

 巨人は序盤から打線が活発で「先制してから、爆発したね」と上機嫌の様子だった。

共同通信社 2019年4月2日 無断転載禁止