トヨタ、HV特許無償開放 囲い込み転換、市場拡大へ

 トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」

 トヨタ自動車は3日、ハイブリッド車(HV)など電動車の関連技術の特許約2万3740件を無償で開放すると発表した。モーターや電池などの中核部品が対象となる。世界的に環境規制が厳格化される中、自社で技術を囲い込む戦略を転換。他社の導入を後押しして市場拡大を狙う。主要部品を共用する電気自動車(EV)などのコストダウンも図る。

 寺師茂樹副社長が同日午後、名古屋市内で記者会見し説明した。

 トヨタはHVの開発や販売で先行する。HVは燃費性能が高い半面、車両のきめ細かい制御が求められ、開発には高い技術力が必要になる。

共同通信社 2019年4月3日 無断転載禁止