幼保の無償化、今国会で成立へ 衆院内閣委で法案可決

 幼保無償化を実施するための子ども・子育て支援法改正案を賛成多数で可決した衆院内閣委=3日午後

 衆院内閣委員会は3日、幼児教育・保育の無償化を実施するための子ども・子育て支援法改正案を与党や国民民主党、日本維新の会の賛成多数で可決した。立憲民主党などは「審議が不十分だ」と議論の継続を求めたが、与党側は今年10月からの施行を確実にするため採決に踏み切った。来週にも衆院本会議で可決、参院へ送付され、今国会で成立する見通しとなった。

 採決に先立って行われた質疑で、立民の初鹿明博氏は「高所得者に多くの税金を配分する『逆進性』の高い仕組みだ」と批判したが、安倍晋三首相は「低所得層には既に段階的な無償化を実施している」と反論した。

共同通信社 2019年4月3日 無断転載禁止