セブンイレブン、社長交代に発展 24時間営業問題、体制刷新

 セブン―イレブン・ジャパンの社長に就任する永松文彦副社長

 セブン&アイ・ホールディングスは3日、傘下のセブン―イレブン・ジャパンの古屋一樹社長(69)を退任させ、後任に永松文彦副社長(62)を昇格させる人事を固めた。24時間営業を巡る古屋氏の加盟店対応の不備が要因で、トップ交代に発展。体制を刷新して対応を加速する。古屋氏は代表権のない会長に退く。4日に正式決定する。

 セブン―イレブンは、大阪府の加盟店オーナーが人手不足により自主的に営業時間を短縮したことが大きな話題になり、3月21日以降に直営10店舗で24時間営業の見直しに向けた実験を始めるなど対応に追われている。

共同通信社 2019年4月3日 無断転載禁止