安倍首相、罷免要求重ねて拒否 塚田副大臣の忖度発言

 参院決算委の委員会室を出る安倍首相(手前)と塚田一郎国交副大臣=4日午前

 安倍晋三首相は4日の参院決算委員会で、首相と麻生太郎副総理兼財務相の地元の道路整備を巡り「忖度した」と発言した塚田一郎国土交通副大臣の罷免を重ねて拒否した。「発言は問題だが、本人がしっかり説明し、そのことを肝に銘じて職責を果たしてもらいたい」と強調した。野党は引き続き罷免を求めて追及する考えだ。

 立憲民主党会派の又市征治氏(社民党)は「利益誘導による票集め、忖度による政策決定はあってはならない。直ちに更迭すべきだ」と批判した。

 決算委で首相は、新元号「令和」への5月1日の改元を踏まえ「デフレ脱却を果たす」と決意を表明した。

共同通信社 2019年4月4日 無断転載禁止