中2不登校にいじめ認定、滋賀 教員の不適切な対応で助長

 滋賀県野洲市

 滋賀県野洲市の市立中で昨年11月から不登校の中学2年の男子生徒について、市教育委員会の諮問を受けた第三者委員会は4日、同級生4人からいじめを受けていたと認定し、答申を公表した。教員の不適切な対応がいじめをエスカレートさせたとも指摘した。

 同級生の男子4人は昨年5月下旬から教室で「あほ」などと男子生徒をからかい、怒るとさらに挑発。テストの点数を言いふらしたり、本や筆箱を取り上げたりした。LINEで男子生徒の変顔の写真をクラスメートに公開した。

 こうした状況は複数の教員が目撃していたが、怒っている男子生徒をなだめるといった場当たり的な対応に終始した。

共同通信社 2019年4月4日 無断転載禁止