ロシア「日本教科書は歴史歪曲」 北方領土で主張、日本へ攻勢

 4日、モスクワのロシア外務省で記者会見するザハロワ情報局長(タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシア外務省のザハロワ情報局長は4日の定例会見で、日本で2020年度から使用される小学校の社会科教科書に北方領土が「日本の固有の領土」と書かれていることについて「歴史の歪曲」などと述べ、批判した。北方領土問題を巡り、ロシアが公式に日本の学校教科書を批判する異例の事態となった。

 日本政府は平和条約交渉でロシア側を刺激しないように「日本の固有領土である北方領土をロシアが不法占拠している」との従来の主張を封印。ロシア側はこれにつけ込み、日本への攻勢を強めている。

 ザハロワ氏は「固有の領土」は「ばかげた主張」と一蹴した。

共同通信社 2019年4月5日 無断転載禁止