世界初、小惑星に金属弾 はやぶさ2、実験成功

 探査機はやぶさ2が、小惑星りゅうぐうの表面に大きな金属弾を撃ち込む世界初の実験に成功したと発表し、地下の岩石などが噴出する様子を捉えた画像を示しながら説明するJAXAの津田雄一准教授=5日午後4時33分、相模原市 はやぶさ2から分離したカメラが捉えた、命中した金属弾により小惑星りゅうぐうから岩石が噴出する様子(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、探査機はやぶさ2が、小惑星りゅうぐうの表面に大きな金属弾を撃ち込む世界初の実験に成功したと発表した。小惑星表面に向けて分離した「衝突装置」から発射された弾が小惑星に当たり、地下の岩石などが噴出する様子をカメラが捉えた。

 JAXAの津田雄一准教授は、実験が成功したとした上で「宇宙探査の新しい手段を確立した」と話した。目的の人工クレーターができたかは4月下旬までかけて確認するが、津田氏は噴出物が出たことで「クレーターができた公算が大きい」としている。

 衝突によって進むとされる天体形成の一端を再現して調べる。

共同通信社 2019年4月5日 無断転載禁止