タイ、人気の新党党首に扇動容疑 「政治的動機」と批判噴出

 タイの首都バンコクの警察署に到着し、支持者に囲まれる革新政党「新未来党」のタナトーン党首=6日(AP=共同)

 【バンコク共同】タイ警察は6日、3月の下院総選挙で大躍進して第3党となるのが確実となっている革新政党「新未来党」のタナトーン党首(40)を首都バンコクの警察署に呼び出し、扇動などの容疑が掛けられていることを告知した。

 新未来党は、軍政と対立するタクシン元首相派陣営に加わることを表明しており、タナトーン氏に対する訴追に向けた動きは「政治的動機に基づくもの」との批判が噴出している。

 タナトーン氏は、5人以上の集会が禁止されていたにもかかわらず、2015年6月に反軍政を訴える集会を開催した活動家らを支援するなどした疑い。タナトーン氏は容疑を否認している。

共同通信社 2019年4月6日 無断転載禁止