大阪ダブル選は維新が2勝 都構想の推進掲げ自民系破る

 記者会見する大阪市長選で当選を確実にした大阪維新の会代表の松井一郎氏(左)と大阪府知事選で当選を確実にした吉村洋文氏=7日夜、大阪市中央区 松井一郎氏(左)、吉村洋文氏

 大阪府知事、大阪市長の辞職に伴うダブル選は7日、政治団体・大阪維新の会代表の前知事松井一郎氏(55)が市長選で、前市長吉村洋文氏(43)が知事選で初当選した。「大阪都構想」の推進を掲げて立場を入れ替えて出馬し、ともに自民党推薦で無所属新人の元市議柳本顕氏(45)と元副知事小西禎一氏(64)との一騎打ちを制した。

 都構想実現には府市両議会で制度案を可決、市民対象の住民投票を実施する必要がある。大阪維新は同日投開票された府議選(定数88)で過半数の議席を獲得したが、市議選(定数83)では届かなかった。府市両議会で最大勢力となる議席を維持し、改選前を上回った。

共同通信社 2019年4月8日 無断転載禁止