難民申請者送還、全米で差し止め 地裁仮処分、トランプ政権に打撃

 トランプ米大統領

 【ロサンゼルス共同】米西部サンフランシスコの連邦地裁は8日、米国内で難民申請中の不法移民をメキシコに送還して待機させる制度について一時差し止める仮処分命令を出した。12日から全米レベルで効力を発する。1月に制度を導入したばかりで、強硬な不法移民対策を進めるトランプ政権に打撃となった。

 訴えを起こした人権団体の関係者は「政権が移民政策を厳格化する姿勢を見せる中、今回の勝利は重要」と強調。政権は控訴するとみられる。

 同制度は「移民保護手続き」と呼ばれる。国土安全保障省は1月、昨年の移民集団(キャラバン)の米国流入で収容施設などが手狭になったとして導入した。

共同通信社 2019年4月9日 無断転載禁止