がん10年生存率56%に上昇 5年は67%、国立センター

 がんの10年生存率の推移

 国立がん研究センターは9日、2002~05年にがんと診断された人の10年後の生存率はがん全体で56・3%だったと発表した。昨年の調査より0・8ポイント上昇した。08~10年に診断された人の5年後の生存率は67・9%だった。いずれも1990年代後半から伸び続けており、治療や早期発見技術の進歩が貢献しているとみられる。

 2014年に販売開始された新薬「オプジーボ」など「免疫チェックポイント阻害剤」の効果で改善が続くと期待される。一方で、定年退職した人のがん検診受診率が低いという課題も。さらなる生存率向上のために、早期発見の仕組みづくりが求められている。

共同通信社 2019年4月9日 無断転載禁止