本屋大賞に瀬尾まいこさん 「そして、バトンは渡された」

 「2019年本屋大賞」に輝いた瀬尾(せお)まいこさん 瀬尾まいこさん

 全国の書店員が最も売りたい本を選ぶ「2019年本屋大賞」の発表会が9日、東京都内で行われ、瀬尾まいこさん(45)の「そして、バトンは渡された」(文芸春秋)が大賞に選ばれた。

 瀬尾さんは発表会で「ゴールテープを切ったような鮮やかな喜びがある。愛情を注いでもらえる作品になったことを本当にうれしく思います」と笑顔で語った。

 受賞作は、血のつながりのない何人もの親たちから深い愛情を注がれた少女の成長を描く、一風変わった家族小説。

 瀬尾さんは大阪市生まれ、奈良市在住。京都府内の中学校で教師だった2001年に「卵の緒」で坊っちゃん文学賞大賞を受賞し、翌年デビュー。

共同通信社 2019年4月9日 無断転載禁止