空自戦闘機F35Aが消息絶つ 墜落の可能性、太平洋上

 最新鋭ステルス戦闘機F35A=2018年1月、青森県の航空自衛隊三沢基地 青森・三沢基地、レーダーから消失した海域

 9日午後7時25分ごろ、航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが同基地の東約135キロ付近の太平洋上を飛行中、レーダーから機影が消えた。1人が搭乗しており、無線への応答がない。墜落した可能性があり、自衛隊が捜索している。日米国防関係者は、F35Aがこれまでに墜落した例はないと述べた。今回、墜落が確認されれば初めてのケース。ロイター通信によると、2018年9月に米国で墜落した海兵隊仕様のF35Bに続き、F35として2例目となる。

 岩屋毅防衛相は9日夜、他に12機配備済みのF35Aの飛行を当面見合わせると表明した。

共同通信社 2019年4月9日 無断転載禁止