世界経済3・3%に減速、IMF 19年、日米欧も引き下げ

 IMFの世界経済見通し

 【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)は9日、最新の世界経済見通しを発表した。2019年の世界全体の実質経済成長率は3・3%とし、1月時点から0・2ポイント下方修正した。長引く米中貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱問題による先行き不透明感が響いた。日本は1・0%で、0・1ポイント引き下げ、米国やユーロ圏もそれぞれ下方修正した。

 19年の世界成長率引き下げは昨年10月以降、3回連続。米中は摩擦解消に向け貿易協議を続けているが、最終合意の場となる首脳会談実施のめどは立っていない。物別れに終わった場合、世界経済のさらなる下押し要因になる可能性がある。

共同通信社 2019年4月9日 無断転載禁止