北朝鮮「新たな方向」討議 きょう党中央委総会

 9日、北朝鮮・朝鮮労働党の政治局拡大会議に出席した金正恩党委員長(朝鮮中央通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、朝鮮労働党の政治局拡大会議が9日に開催され、金正恩党委員長が出席したと伝えた。11日の最高人民会議(国会)に先立ち、10日に党中央委員会総会を招集して、最近の情勢に対応した「新たな闘争方向と方法」を討議、決定するとしている。

 核問題を巡り2月末の米朝首脳会談が決裂したことを受け、金氏が新たな外交方針を打ち出すかが注目される。

 最高人民会議は、3月10日に5年ぶりの代議員選挙が行われて以来、初開催。金正恩氏が北朝鮮の最高指導者としては初めて選挙に出なかったことから、憲法改正を通じて新たなポストに就くとの見方もある。

共同通信社 2019年4月10日 無断転載禁止