大手旅行サイトに立ち入り検査 独禁法違反疑い、公取委

 旅行サイト「ブッキング・ドットコム」、「エクスペディア」、「楽天トラベル」のスマートフォン用アプリ 楽天本社=東京都世田谷区

 インターネットの旅行サイト運営会社がホテルや旅館に対し、自社サイトでの宿泊予約が最安値となるよう不当に要求していた疑いが強まり、公正取引委員会は10日、独禁法違反(拘束条件付き取引)容疑で「楽天トラベル」運営の楽天、「ブッキング・ドットコム」、「エクスペディア」の計3社を立ち入り検査した。

 ネット通販などを手掛ける大手企業「プラットフォーマー」によるサービスは利便性が高い半面、取引実態などの不透明さも指摘され、公取委は今後も監視を強化の方針。

 関係者によると、3社は数年前からサイトに登録を希望する国内のホテルなどに、最安値を求めていた疑いが持たれている。

共同通信社 2019年4月10日 無断転載禁止