JR豊肥線、20年度に運行再開 熊本地震の被災路線、復旧完了へ

 熊本・豊肥線の2020年度中に再開する区間

 国土交通省は12日、2016年4月の熊本地震で被災し不通となっているJR豊肥線・肥後大津(熊本県大津町)―阿蘇(同県阿蘇市)の運行を20年度中に再開できる見通しが立ったと発表した。再開すれば熊本地震で不通となったJR線の復旧が全て完了する。

 熊本駅と大分駅を結ぶ豊肥線は九州有数の観光地・阿蘇地域への主要路線となっており、熊本地震からの観光復興に弾みがつきそうだ。

 肥後大津―阿蘇の27・3キロは土砂流入や地盤崩落により線路が寸断され、不通となっている。線路沿いの斜面復旧や砂防工事を進めている国や熊本県とJR九州が工事日程を調整し、運行再開のめどが立った。

共同通信社 2019年4月12日 無断転載禁止