G20、世界減速下で開幕 日本が初議長、協調訴え

 G20財務相・中央銀行総裁会議の初日の討議後、記者団の取材に応じる麻生財務相=11日、ワシントン(共同)

 【ワシントン共同】日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が11日夜(日本時間12日午前)、米首都ワシントンで開幕し、初めて日本が議長国となった今年のG20閣僚会合が始動した。米中貿易摩擦で主要国経済が減速感に覆われる中、麻生太郎財務相は初日の討議で「国際協調の精神が重要だ」と訴えた。日本は世界同時不況に至る芽を摘んで成長を取り戻すため、2日間の会議を通じて結束を呼び掛ける考えだ。

 麻生氏は世界経済が「今年後半から良くなっていく」との見通しを会議で示し、十分な景気対策を前提に、10月に消費税率を10%へ引き上げる方針を表明した。

共同通信社 2019年4月12日 無断転載禁止