スズキ200万台リコール ブレーキでも検査不正、発覚後も

 再発防止策などをまとめた報告書を国交省に提出し、記者会見するスズキの鈴木俊宏社長=12日午後、東京都港区 国交省に検査不正の再発防止策などをまとめた報告書を提出するスズキの鈴木俊宏社長(左)=12日午後、東京・霞が関

 スズキは12日、車の検査で制動力が不十分なブレーキでも合格とするなどの不正があったとして、約200万台のリコール(無料の回収・修理)を実施すると発表した。費用800億円を2019年3月期連結決算で特別損失として計上する。不正は1981年6月ごろから昨年8月の発覚をはさみ今年1月ごろまで続いたとみられる。

 燃費や排ガス測定の抜き取り検査では08年4月から18年9月にかけ、対象の約半数に当たる計1万1070台でデータ改ざんなどが見つかった。16年にも燃費データの測定不正が発覚しており、不正を繰り返す企業風土の深刻さが浮き彫りになった。

共同通信社 2019年4月12日 無断転載禁止