皐月賞、サートゥルナーリアがV 無敗制覇、G1は2勝目

 皐月賞を制したサートゥルナーリア(右)と2着のヴェロックス=中山競馬場

 第79回皐月賞(14日・中山11R2000メートル芝18頭、G1)平成最後のクラシックレースは、1番人気のサートゥルナーリア(クリストフ・ルメール騎乗)が1分58秒1で優勝し、4戦4勝でディープインパクト以来14年ぶり、17頭目の無敗制覇を果たした。G1で2勝目を挙げ、1着賞金1億1千万円を獲得した。

 ルメール騎手はこのレース初勝利で、史上9人目のクラシック競走全制覇を遂げた。角居勝彦調教師は2勝目。

 払戻金は単勝が170円、枠連は(4)―(6)で670円、馬連が(7)―(12)で950円、馬単が(12)―(7)で1140円。

共同通信社 2019年4月14日 無断転載禁止