北京で日本映画週間開幕 河野外相があいさつ

 「2019北京・日本映画週間」の開幕式を前に、言葉を交わす河野外相(左)と俳優の栗原小巻さん=14日、北京(共同)

 【北京共同】日本映画を中国の映画ファンに紹介する「2019北京・日本映画週間」の開幕式が14日、北京市で行われた。訪中した河野太郎外相も出席し、日中両政府が昨年締結した映画の共同製作協定に触れ「多くの日中合作映画が作られることを期待したい」と述べ、映画を通じ互いの文化や社会への関心を高めてほしいと訴えた。

 日中文化交流協会副会長を務める俳優の栗原小巻さんも「上映される作品が中国の観客の皆さんの心に染み入ると信じている」とあいさつした。

 日本映画週間は13日に始まった北京国際映画祭のイベントの一つで、20日まで。

共同通信社 2019年4月14日 無断転載禁止