ノートルダム、改修工事で出火か 作業員ら事情聴取、原因特定へ

 炎上するパリのノートルダム寺院=15日(タス=共同) 火災が起きたパリのノートルダム寺院=15日(タス=共同)

 【パリ共同】フランス・パリ中心部の世界遺産ノートルダム寺院(大聖堂)で起きた大火災について、消防当局は16日、出火から約15時間で完全に鎮火したと記者団に述べた。捜査当局は、屋根の改修工事が原因だった疑いがあるとみて作業員らから事情を聴くなどし、出火原因の特定作業を急いだ。建物内の一部が熱でもろくなり、内部での捜査は難しい状況だ。

 検察当局は16日、失火との見方を改めて示した。16日付大衆紙パリジャンは、検察が工事の溶接作業で火が出たとみて調べていると伝えた。

 内務省高官によると、建物が一部もろくなり、中に入るには2日程度かけ補修する必要がある。

共同通信社 2019年4月17日 無断転載禁止