18年度の貿易収支3年ぶり赤字 原油高、中国減速響く

 東京港にならぶ多くのコンテナ=2018年7月、東京都江東区

 財務省が17日発表した2018年度の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は1兆5854億円の赤字だった。年度ベースの赤字は3年ぶり。原油価格が高値で推移していたことに加え、中国経済の減速を受け、対中国の輸出の伸びが鈍化したことも響いた。

 輸出は自動車や船舶が好調で、前年度に比べ1・9%増の80兆7088億円。輸入は原油や液化天然ガス(LNG)が増え、7・1%増の82兆2943億円だった。

 国・地域別では、中国に対する貿易収支が3兆5815億円の赤字だった。

共同通信社 2019年4月17日 無断転載禁止