A級グルメ構想 連携し魅力発信 邑南で「まち連合」第1回総会

現地視察で寺田真也店長(左端)から取り組みを聞く関係者
 邑南町や西ノ島町など全国の5市町で構成する「にっぽんA級(永久)グルメのまち連合」の第1回総会が14日、島根県邑南町矢上の町役場であった。食と農を切り口に同町が提唱している「A級グルメ構想」に賛同する構成自治体の首長らが顔をそろえ、地域おこし協力隊の共同募集や東京都内でのPRイベント開催など2019年度の事業計画を決めたほか、同構想に基づいた起業店舗を現地視察した。

 同連合は邑南、西ノ島両町のほか、福井県小浜市、北海道鹿部町、宮崎県都農町で18年11月に設立。初めての総会には、邑南町の石橋良治町長をはじめ、西ノ島町の升谷健町長や鹿部町の盛田昌彦町長ら関係者約25人が出席した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年5月15日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ