新県議37人初登庁 県政課題解決に決意 島根

議会事務局の職員にバッジをつけてもらう坪内涼二氏=松江市殿町、県議会
 4月7日投開票の島根県議選で当選した37人の県議が14日、松江市殿町の県議会に初登庁した。初当選した自民党系新人6人が共同会見に臨み、人口減少対策など県政課題に取り組む決意を新たにし、分裂した自民党会派の一本化を望む声が相次いだ。

 新人議員は、午前9時に議事堂の正面玄関で、議会事務局の職員に上着の襟にバッジを着けてもらい、議場入りした。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年5月15日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ