レンコダイ煎餅 水産庁長官賞 上野屋蒲鉾店(大田)開発

「かまぼこ屋さんの鯛せんべい」を開発し、水産庁長官賞を受賞した上野屋蒲鉾店の土江元生さん=大田市静間町、同店
 かまぼこ製造の上野屋蒲鉾店(島根県大田市静間町)のレンコダイを使った煎餅「かまぼこ屋さんの鯛(たい)せんべい」が、第71回全国蒲鉾(かまぼこ)品評会で最高賞に次ぐ水産庁長官賞を受賞した。全国有数の水揚げ量を誇る魚種に着目し、同店の4代目で工場長の土江元生(もとき)さん(44)が開発。「夏場でも保存しやすく贈答品や土産物としての需要が見込める。地魚を使い商品開発を続けたい」と話した。

 消費者の好みが変化し、贈答品の需要減る中、「若い人や子どもに食べてもらえる」と着想。風味の良いすり身は高タンパク質で、油を使わずに揚げるノンフライ製法により低脂質に仕上げた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年5月15日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ