人生100年 集い元気に 松江・八雲台 高齢者ら寄り合い会

茶菓子を楽しみながら語り合うお年寄りたち
 松江市八雲台地区の住民同士が交流を深める寄り合い会が11日始まり、独居の高齢者らが茶菓子を持ち寄ってにぎやかに過ごした。人生100年時代を見据えた、よりよい地域の姿を模索する試みで、注目されそうだ。

 高齢者福祉施設で働く勝部彰夫さん(60)=松江市八雲台1丁目=が発案した。同地区は松江の南側にあり、高度経済成長期に住民が増加。近年はお年寄りだけの世帯や独居が目立ち、65歳以上が全体の4割を占めるという。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年6月12日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ