JR西の新長距離列車 両県知事 乗り入れ要望

 島根県の丸山達也知事と鳥取県の平井伸治知事が9日、松江市を訪れたJR西の来島達夫社長に対し、2020年春の長距離列車「WEST EXPRESS銀河」運行初便の両県乗り入れを要望した。来島社長は「思いを受け止め、準備を進める」と話した。

 両知事が同市内でそろって要望書を手渡した。丸山知事は、両県をルートにし沿線住民との交流も生んだ同社の豪華寝台列車トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)などを例に「魅力ある鉄道」とし、平井知事は「利用客が満足できるおもてなしをしたい」と話した。

 JR西によると、銀河は6両1編成で定員90人(全席指定)。西日本を運行エリアとしているが、運行区間などの詳細は未定という。

2019年7月10日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ