たたら製鉄の歴史体系的に紹介 出雲の歴博で企画展開幕

雲南市吉田町の中世のたたら跡から出土した炉壁を並べ、炉の規模を復元した展示物
 出雲地方が「鉄の国」として発展した経緯を出土品や文書などを交えて紹介する「たたら-鉄の国出雲の実像-」が12日、出雲市大社町杵築東の県立古代出雲歴史博物館で開幕する。日本で鉄器の使用や鉄の生産が始まった古代から、たたら製鉄の最盛期を迎えた江戸時代までの歴史を体系的にまとめた県古代文化センターの研究の集大成。開幕を前にした内覧会が11日現地であり、担当学芸員が見どころを紹介した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年7月11日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ