広場においしさ 牛っと 益田松永牛肉まつりIN万葉公園

ブロック肉の焼き上がりを待ち、列をつくる来場者
 牛肉の炭火焼きなどを味わう「益田松永牛肉まつりIN万葉公園」がこのほど、益田市高津町の島根県立万葉公園太陽の広場であった。同公園と実行委員会(大畑勉実行委員長)が地域活性化を目的に初企画。畜産業の松永牧場(益田市下種町)が提供した牛肉のほか、地元高津川流域の幸のアユ、メロン、ブドウ、ミニトマトなどもあり、来場者が舌鼓を打った。

 十数キロあるブロック肉が炭火で焼き上げられる企画で、来場者が列をつくり、アユの唐揚げやウナギのかば焼きのほか、サザエのつぼ焼き、アワビの炭火焼き、焼きそばも人気だった。市内の種神楽保存会の石見神楽上演やバンド演奏などのステージイベントもあった。

 同級生5人で訪れた同市昭和町、県立石見高等看護学院2年細田奈々さん(20)は「とてもおいしかった。広々とした万葉公園で地元の食材が楽しめるいいイベントだと思う」と話した。

2019年8月6日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ