江津高角フェニックス 選手不足克服 全国大会へ

西本智之監督(手前左)の指導で打撃練習に取り組む江津高角フェニックススポーツ少年団の選手
 島根県江津市の少年野球チーム、江津高角フェニックススポーツ少年団が、18日から明治神宮球場(東京都)などである高円宮賜杯第39回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメントに出場する。子どもの数と競技人口の減少を背景に3年前は選手不足で試合ができなかった強豪が、保護者や指導者を含めチーム一丸となって雌伏の時を超え、7年ぶり4度目の晴れ舞台に臨む。

 93チームで争った県大会。江津高角ナインは6月2日の決勝で出雲北野球スポーツ少年団を2-0で下し、全国切符をつかんだ。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年8月9日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ