松江・一畑百貨店で世界の昆虫展 クワガタ手に記念撮影

ギラファノコギリクワガタを手に、記念写真に納まる小学生=松江市朝日町、一畑百貨店
 松江市朝日町の一畑百貨店で開かれている「世界の昆虫展」(山陰中央新報社主催)の関連イベントとして11日、世界最長のクワガタ「ギラファノコギリクワガタ」との記念撮影会があり、30組の親子連れらが珍しい虫と触れ合った。

 ギラファノコギリクワガタはインドネシアやマレーシアに生息し、雄は最大約12センチに成長する。気性が荒く、大顎が体長の半分以上を占める。

 子どもたちはクワガタを乗せた木片を手に取り「大きい」「かっこいい」と歓声を上げた。松江市立母衣小学校3年の高橋里知君(8)は「海外のクワガタを見るのは初めて。顎が長くてかっこよかった」と話した。

 撮影会は期間中毎日あり、午後2時から先着30組に整理券を配布する。昆虫は日によって異なる。

 「世界の昆虫展」はカブトムシやクワガタのほか、300種類以上の標本を展示する。入場料は中学生以上700円、子ども(4歳~小学生)400円、3歳以下無料。午前10時~午後7時。20日まで。会期中は無休。

2019年8月13日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ