松江シティ10敗目 アウェーで三重に2-3

 日本フットボールリーグ(JFL)は1日、第19節5試合があり、15位の松江シティFCはアウェーの三重県東員町の町スポーツ公園陸上競技場で8位のヴィアティン三重に2-3で敗れた。通算2勝7分け10敗の勝ち点13で、順位は変わらない。

 松江シティは前半10分に先制され、同43分にMF宮内寛斗のゴールで追い付いた。後半3分、再びリードを許し、後手に回る苦しい展開。2点差とされた終了間際、FW土井拓斗がゴールを挙げたが及ばなかった。

 第20節は8日、ホームの出雲市の島根県立浜山公園陸上競技場で3位の東京武蔵野シティと対戦する。

2019年9月2日 無断転載禁止