女子ログ 台風の予報

 テレビの天気予報で、台風の情報が、たびたび流れる季節になった。気象予報士の話を聞き、画面にある予報マークや降水確率の数字を見ながら、洗濯物や布団の干し場をどうするのか思案する。

 悪天候が続けば、最近買った乾燥機をフル稼働させる。ありがたいことに最近近所でコインランドリーが増え、助かっている。オープンしたばかりなので、機械がきれいで気分良く使える。ちょっとお金はかかるのだが、干し場に困るよりは、まあいいかなと、割り切って使っている。

 それにしても昔の台風は、予報と実際のコースがかなりずれる事もよくあった。しかし最近は予報を出すシステムの精度が高いようだ。天気図に示された線からほぼ外れることなく進んでいく。

 8月のお盆の真っ最中にやってきた台風10号は、山陰を直撃するというので、こちらも身構えた。JRは動かなくなるし、帰省を諦める友人もいて、久々の再会はお預けとなった。

 幸い思ったほど雨風は強くなく、安否を気遣う県外からのメールや会員制交流サイト(SNS)にも「全然大丈夫」との返信を繰り返した。気にしてもらえるのは本当にうれしい。だからこそ、自分もほかの地方が大変なときは、人ごととは思わず気にかけたい。

(松江市・ブランチ)

2019年9月10日 無断転載禁止