サーフィン村上最高点で2回戦へ ワールドゲームズ第5日

 男子1回戦 波を攻める村上舜=宮崎市の木崎浜海岸

 東京五輪の出場権が懸かるサーフィンのワールドゲームズ(WG)第5日は11日、宮崎市の木崎浜海岸で前日に日没のため消化できなかった男子1回戦の続きが行われ、22歳で昨年大会4位の村上舜が突破して2回戦に進出した。

 29組の村上は緩やかな波の上で的確に技を決め、16・50点をマーク。1回戦の全出場選手の最高点で勝ち上がった。昨年のプロ最高峰チャンピオンシップツアー(CT)年間王者ガブリエウ・メジナ(ブラジル)も2回戦に駒を進めた。

共同通信社 2019年9月11日 無断転載禁止