同級生3人「地域を元気に」 掛合に屋内キャンプ場開設

屋内型キャンプ場内で今後の夢を語る「Easy Go Japan」のメンバーたち
 島根県雲南市の自然に囲まれて小中学生時代を過ごした同級生3人が、出身地の同市掛合町掛合に屋内型キャンプ場「EGキャンプ場」を設けた。人口減少が進み、町内に子どもの姿が見られなくなってきた地域を元気づけたいと、県内外から利用者を呼び込む。

 永瀬敬三さん(33)=相模原市=と、中沢大輔さん(32)=雲南市掛合町掛合=が代表社員を務める「Easy Go Japan」(イージー・ゴー・ジャパン)が運営。木造平屋約170平方メートルの空き工場を改装し、テントやトイレ、冷蔵庫をそろえた。天候に左右されず、キャンプ用品がなくても楽しめる。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年10月9日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ